「ウェルビーイング」と会社経営の関係性

ArayZ No.134 2023年2月発行

ArayZ No.134 2023年2月発行タイ鉄道 - 新線建設がもたらす国家繁栄と普遍社会

この記事の掲載号をPDFでダウンロード

ログインしてダウンロード

会員ログイン後、ダウンロードボタンをクリックしてください。ダウンロードができない場合は、お手数ですが、info@th-biz.com までご連絡ください。

「ウェルビーイング」と会社経営の関係性

公開日 2023.02.10

Q: 「ウェルビーイング」という言葉を耳にしました。
これは会社経営に関係してくるでしょうか。

A:従業員の健康を社会的側面も含めたより幅広い概念として捉え、会社としてその維持に取り組む必要性が生じる可能性があります。

ウェルビーイングとは、ある人にとって究極的に価値のある状態にあることを指す概念です※1。1947年に採択されたWHO(世界保健機関)憲章全文では、健康に関する説明として「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態(ウェルビーイング)にあることをいいます」とされており、健康の達成には、肉体・精神・社会的なウェルビーイングが達成されることが不可欠であることが明示されています※2

これまで日系企業は、企業活動と発展の源泉となる従業員の健康維持のため「健康経営」というコンセプトのもと、肉体・精神面の健康管理を行うことを主眼としてきました※3。一方で社会面での健康管理については、基本的に自助努力として位置付けていた節があります。ウェルビーイングという概念は従業員の健康に社会的要素を取り込み、より幅広い概念として従業員の健康を再検討する機会を提供するものになるといえます。

健康の構成要素

例えば、病欠はしないし、とりあえず最低限度言われたことはやる一方、いまいち成果の上がらない社員と面談をしたところ、「自分は仕事で何を成し遂げたいのかわかっていないので、何となく仕事をしている」と回答が返ってきたとします。この場合、社会的側面のウェルビーイングが達成されているとは言えない可能性があるため、「仕事のやる気は個人の問題だ」としてその社員の自助努力だけに期待するのではなく、何らかの手立てを「企業として」講じる必要がある、ということになります。

さらには、どこまで会社経営の中で従業員の社会的側面のウェルビーイングについてサポートすべきなのか、と考えると奥深いテーマだと思います。私が日本出張した際も、ウェルビーイング経営と名のついた本がたくさん並んでいました。私自身もさらに勉強していきたいと思います。

※1 Crisp, Roger. 2017. Zalta, Edward N.. ed. The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Fall 2017 ed.). Metaphysics Research Lab, Stanford University (https://plato.stanford.edu/archives/fall2017/entries/well-being/)
※2 健康の定義 公益社団法人 日本WHO協会 (https://japan-who.or.jp/about/who-what/identification-health/)
※3 健康経営の推進の概要について 経済産業省 (https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/downloadfiles/kenkokeiei_gaiyo.pdf)


弊社では、タイ会計基準の日本語訳を出版し、解説のための寄稿やセミナーの実施を行っています。また、いくつかタイ会計基準の日本語解説資料も存在します。
・2021年4月号 タイ会計・税務・法務特集
寄稿者プロフィール
  • 倉地 準之輔 プロフィール写真
  • 倉地 準之輔

    日本で大手監査法人、外資系企業勤務を経て、2013年来タイ。外資系会計事務所のジャパンデスクにて日系企業向けコンサルティング業務に従事した後、15年10月にBizWings (Thailand) Co., Ltd.を設立。経営コンサルティング業務を提供し、現在に至る。公益財団法人東京都中小企業振興公社タイ事務所経営相談員。ジェトロ中小企業海外展開現地支援プラットフォーム・コーディネーター。公認会計士(日本)。東京大学経済学部経営学科、米ケロッグ経営大学院卒業(MBA)。

「ウェルビーイング経営について相談したい」思ったらBizWingsにどうぞ。

ArayZ No.134 2023年2月発行

ArayZ No.134 2023年2月発行タイ鉄道 - 新線建設がもたらす国家繁栄と普遍社会

ログインしてダウンロード

会員ログイン後、ダウンロードボタンをクリックください。ダウンロードができない場合は、お手数ですが、info@th-biz.com までご連絡ください。

Biz Wings
CEO & Founder

倉地 準之輔 氏

日本で監査法人、外資系企業勤務を経て2013年来タイ。外資系会計事務所勤務後、2015年10月にBizWings (Thailand)Co., Ltd.を設立。複数の公的機関にて日系企業のアドバイザーを務める傍ら、経営コンサルティング業務を提供している。公認会計士(日本)。東京大学経済学部経営学科、米ケロッグ経営大学院卒業(MBA)。

BizWings (Thailand) Co.,Ltd.

本業に集中しませんか? 管理業務のアウトソーシング全般対応します!
業務効率の向上・コスト削減・不正防止にも! 無料お試しプランあり

会計記帳 / 税務申告 / 給与計算 / ビザ&労働許可証申請 / 会社設立 / BOI申請 / 内部監査 / オンラインアシスタント / 支払代行 / 請求書発行代行 / システム入力支援 / 財務DD

様々な業務を経験豊富な日本人公認会計士とタイ人専門家により代行いたします!

Tel:02-077-9916
E-mail:contact@bizwings.co
680 Prom Ratchada Tower C, 1st Floor, Soi Nathong (Ratchadapisek 7), Din Daeng, Bangkok 10400


Website : http://www.bizwings.co

Recommend オススメ記事

Recent 新着記事

Ranking ランキング

TOP

SHARE